- 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング攻略方法!人気ブログランキング

ブログランキング攻略方法!人気ブログランキング


ご存知のとおり、ブログランキングはアクセスアップには欠かせないものの一つとなっています。
それは、ランキングからアクセスが流れてくるから。
しかし、それだけではありません。
ブログランキングのカテゴリ別のURLをコピーして、コチラのページランクを調べるサイトであたなたの登録してあるブログランキングのページランクを調べてみてください。


大きいブログランキングサイトではページランク3~4はあるでしょう。
要するに、あなたのブログがそのランキングに登録することによってページランク3~4のサイトにリンクを貼られている状態になるんです。


もちろん、あなたのブログにも応援クリックのバナーがありますよね?
簡単にいうと、ブログランキングサイトとあなたのブログが相互リンクされているということなのです。
高いページランクにリンクを貼られているとあなたのブログのページランクも上がりやすくなります。
ページランクが上がるとブログ記事が検索エンジンの検索結果上位に反映されやすくなります。







見落とし注意!

⇒ 続きを読む ブログランキング攻略方法!人気ブログランキング

企業・商業ブログ、スタッフブログなど宣伝効果のある書き方

企業商業ブログスタッフブログなど宣伝効果のある書き方


どうもです。平島です。
このブログにはブログの書き方についての検索が毎日のようにされています。
特に「商用 企業 スタッフ ブログ 書き方」などの単語の組み合わせで検索される方が多いですね。


まず最初にブログを書こうと思ったきっかけは何でしょうか?
他の企業がやっているから
周囲が勧めるから
宣伝広告として自分で無料でできるから
人それぞれでしょうけれど、書けばいいというものではありません。


ブログはホームページよりも消費者との接点が持ちやすく、日々の情報を気軽に発信できる反面、どうしても「日記」になってしまいます。
基本的に人は他人の日常を探してまで読みません。
では、どうやったら読まれるブログになるのでしょうか?どういう書き方をしたらいいのでしょうか?


僕は相談者へ「日記風の情報発信をしてください」アドバイスしています。
ブログとはそもそもが専門分野における情報発信としての媒体なんです。それがいつしか日記に変わっていたんですね。
しかし、他人の日記は読まれません。
特にスタッフブログに多いのが「お昼は○○を食べました」というグルメ情報。
↑自分の会社の宣伝を目的としているのに他社の宣伝をしているパターン。


そして「今日は雪です」というなんちゃってウェザーインフォメーションです(笑
だいたい地域の中小企業や飲食店は、お店がある地域の方を集客しようとしていますので、その同じ地域に住む方にとって天候は「すでに知っている情報であり、価値のない情報」なんです。
本来の業務とはまったく別の内容であることが多いので読まれなくなってしまうんですね。


冒頭で書いたように、このブログへは「商用 企業 スタッフ ブログ 書き方」というように自分の知りたいことを探して訪問してきていると思います。
これをご覧になっているあなたは情報を求めているわけです。
つまり、これが商用・企業、スタッフブログで扱っている商品やサービスの情報が記載されていれば、それが宣伝広告としての役割を果たすということになりますよね?


そういったブログ訪問者へ必要とされる情報を書いてあげてください。
誰がブログへの訪問してくれるのか?あなたのビジネスに関係のない人に見てもらってもお客さんにはなりません。
ですから、見込み客だけに見せる書き方をしていかなければならないんですね。


簡単に言うと、犬が嫌いな人に犬のしつけやアクセサリーのチラシを配っても見てもらえないどころか受け取ってもくれません。
逆に犬好きな人だけにチラシを配ったらほとんどの人が受け取って足を止めて見てくれるでしょう。
そういった仕組みをブログで構築していくことが企業・商業ブログ、スタッフブログの宣伝効果に繋がります。
またご自身ではなく、他者(ブロガー)に宣伝広告としてブログを書いてもらうという方法もあります。


書き方相談、ブロガーを使ったPR以外にも
ホームページ作成、名刺、チラシ、パンフレット作成などもご相談いただけます。


お気軽にお問い合わせください。
平島賢一
〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町308
TEL:09045442578 
MAIL:casypro@gmail.com
こちらからもメッセージいただけます。

ムダな営業経費・コストは削減して賢く宣伝広告費にまわす!

ムダな営業経費コスト削減して賢く宣伝広告費にまわす!


先日、ホテルの支配人とお話しました。
こんな内容です。
「営業にはもうムダな経費はかけないし、営業部門もかなり縮小したんだよ」
「その分浮いた経費を宣伝広告費にうまく使えないかな?」
営業経費削減。コスト削減浮いた経費で宣伝広告費に


それもそのはず、訪問営業なんて今どきは、訪問されたほうには邪魔でしかありませんから。
何かしら理由をつけて、断られます。
かといって、何もせず今度は既存の広告媒体に手を出してみると、それも失敗する可能性もあります。




■まずは、じゃらん掲載で失敗したペンションの例を見てみましょう。


じゃらんに掲載したペンションのオーナーは、宿泊利用者に「悪質な悪口」を書かれたために利用者は激減。
掲載費用は年間90万円だったそうです。
「悪質な悪口」と書きましたがもしかしたら書き込み者は普通に感じたことを書いただけかもしれません。


一昔では、旅行前にプランを練ってから旅行する人が多かったのですが、最近では現地に行ってから携帯やタブレットで観光地や飲食店、おみやげなどを探します。
そういった時にその地域で検索にかかるネット上のコンテンツを持っているかが決め手になります。




■次にフリーペーパーに掲載するとどうなるか考えてみましょう


忘年会を例にしてみましょう。
そのフリーペーパーを手にする人のほとんどは忘年会ができる場所を探します。
極端な話、美容関係や他の情報はいらないんです。
つまりそこに掲載された他の情報はお金をかけているにも関わらず捨てられていることになるんですよ。
その数センチ×数センチの枠で何万もかけて見られずに捨てられます。
何万もかけたのにもかかわらず掛け捨てです。
さらに一番重要な商品やサービスの違いや作り手、事業主のコダワリも伝えられません。
利用者がいたとしても、それはクーポン目当ての一見客です。




■新聞やテレビなど既存のメディアについて


知っているでしょうか?
担当記者もインターネットでブログなどの情報を頼りに取材しています。
わざわざ足で情報を得るところなど、今や珍しいくらいです。


新聞に広告掲載または、取り上げられたところで効果は単発のもの。
翌日になれば見られない資源ゴミとなります。
取り上げられて喜んでいるのもつかの間ですね。
広告欄については、ほぼ効果は見込めません。経験ないですか(笑??


一見するとTVは瞬発力があり最大の情報発信力を持っているように見えますが、TV離れや録画機能のCMカットでCMすら効果は薄れています。
そして、短い時間での放送や紹介は視聴者には全部覚えきれず結局ネット検索します。




■新しいメディアを如何にして取り入れるか?


新聞もTVも興味を持った人は最終的により詳しい情報を得るためにネット検索をします。
かといってポータルサイトに登録しても意味はありませんよ。
あの同業社がひしめき合うサイト内であなたのお店や会社が選ばれる確率なんて極端に低いのですから。
また、選択する側にとっても決定的な情報が記載されていません。


ネット上で発信すべきものは、あなたの扱う商品・サービスについての想いとコダワリです。
そして、ひとや雰囲気などネット上で消費者への敷居を下げ、見えないこちら側の中身を見せてあげることです。


このブログへあなたがたどり着いたのは、あなたが「営業 経費 コスト 削減」これらの単語を使って調べたからではありませんか?
これがお店や会社の情報なら、あなたはインターネットを通じて得た見込み客ということになります。 




平島賢一




FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。