心療内科、クリニック、精神科(病院)等の新サービス・治療改善などブログ活用による患者とのコミュニケーション - 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » スポンサー広告 » BLOG » 心療内科、クリニック、精神科(病院)等の新サービス・治療改善などブログ活用による患者とのコミュニケーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心療内科、クリニック、精神科(病院)等の新サービス・治療改善などブログ活用による患者とのコミュニケーション

心療内科クリニック精神科病院)等の新サービス治療改善などブログ活用による患者とのコミュニケーション


ブログコンサルの平島です。


ブログの書き方やそれによる宣伝広告としての活用の講師をしている僕がなぜ?心療内科や精神科について書くか?
実は僕の妻は長いこと躁鬱、パニック障害、摂食障害、アルコール依存症でそれにより僕は職を失いました。
まぁ、これがすべてではないですが失うきっかけの一つですね。


妻は病院に通うことを拒み続け、僕が代わりに担当医と面談し処方箋を出してもらっていました。
当然薬は、症状を抑えるだけであり改善、治療にはなりません。
心の病は特にそうでしょう。
病院もいくつか変え最後にたどり着き現在も通っている先生からは「この薬はもう処方するところはないよ。もし出しているならちょっとヒドイね。」と言われ病院選びも慎重にならないと、と思いました。


なぜかわかりませんが、不思議と僕の周りにはそういった心に傷を負った方や実際に通院されているかたが集まってきます。
その中でもSNS(例えばmixiなど)でやりとりをしていると支離滅裂なこと急に書き込みだすのです。
毎回ではありません。


心療内科、クリニック、精神科(病院)がSNSを利用したサービスを展開してもその管理運営に手が周りませんし、情報が漏れる可能性もあります。
しかし、ブログは暗証番号設定ができその番号を知っている人しか閲覧できない機能があります。
よく、待合室にあるラクガキ帳のネット版みたいなものです。
それをより個人と先生または看護師で共有できるものと捉えてください。
これを使えば通院してない患者さん、次回の通院までの患者さんの様子(心理状態)がある程度把握できるのではないでしょうか?


もしこのようなブログを使った心理状態を把握する治療やサービスの導入をご検討でらっしゃるところがありましたらご連絡ください。
それ以外にも、整骨院、鍼灸院などインターネットからの情報発信(ブログを使ったPR)をしています。
現在、某心療内科も商談中です。


宣伝ではなく、個人が実際にその病院に訪れ診察内容や施設内を見て写真に収めそれをブログでUPします。
SEO対策で上位表示させ見られるようにしますが、決してステマではありません。
ウソは書かない。受けてないものは受けたと書かない。それが僕のポリシーです。


詳しくはこちらをご覧ください。
HPで拾いきれないキーワードをブログで集めHPへ誘導できます。
またHPがなくても直接問い合わせにも繋げることもできます。
【インターネットで効果のある集客方法とは?】
http://kenaznable.blog92.fc2.com/blog-entry-282.html



【お問い合わせ】
平島賢一
〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町308
TEL:09045442578 ※僕個人連絡先です。
MAIL:casypro@gmail.com


心療内科、クリニック、精神科(病院)等の新サービス・治療改善などブログ活用による患者とのコミュニケーション



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kenaznable.blog92.fc2.com/tb.php/453-93f81fec

FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。