山梨ではフェイスブックページ作製はお店・会社のPRにならない? - 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » スポンサー広告 » 商用・ビジネスブログの注意点 » 山梨ではフェイスブックページ作製はお店・会社のPRにならない?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨ではフェイスブックページ作製はお店・会社のPRにならない?

山梨ではフェイスブックページ作製はお店・会社PRにならない?


WEB集客の平島です。
最近の事業主の方々はフェイスブックページを作り始めています。
皆さんは流行りものには滅法弱く、とりあえず始めてみるんです^^
そして『周りの会社がやっているからやろう』という『みんな主義』に流されているんですね。


フェイスブックページに限らずフェイスブック内にあるノートなどもSEO効果が高く利用価値があるのは事実です。
フェイスブックページの投稿もしっかり書くことによって1つ1つの投稿がインターネット検索にかかり、ページ本体だけでなく1つの投稿が入り口になったりもします。
山梨フェイスブックページ作製



ところでフェイスブックを使って何をしたいのか、そのビジョンはお持ちでしょうか?
単純にホームページ代わりに使おうとしていませんか?
ホームページすらまともに見られていないのにフェイスブックページができたら、そっちを見てもらえると思い込んではいないでしょうか?


確かにフェイスブックユーザーが増加し、フェイスブックページを開設することで、そのユーザーに見てもらえるかもしれませんね。
しかし、「いいね!」を闇雲に押してもらっても効果は期待できません。
始めたはいいけれど、自分の身内(繋がりがある経営者仲間など)に「いいね!」を押させていませんか?
もしかしたら、その「いいね!」を押した繋がりで新規のお客さんが来るかもしれない。
そんな期待を持ってはいませんか?
しかし、所詮は身内にしか伝わらず、目的のはずの見込み客にはその情報は伝わっていないのが現状でしょう。




例えばです。
山梨県の富士五湖にあるペンションオーナーがフェイスブックでPRしたとします。
同じ山梨県内の繋がりのある仲間に「いいね!」を押してもらったり、「いいね!」を押してもらいたいがためにタイムラインに書き込みますPRします。それで、『PRしているような錯覚』に陥ります。


よく考えてみてください。
ペンションには宿泊するためにお客さんは来ます。
となると、まずPRする相手としてターゲットにするべきは他県で尚且つ富士五湖周辺に宿泊したいと考えている人です。
にも関わらず、県内の知り合いだけに必死に営業をかけている状態なんです。
まるで、ご近所に「うちのペンションに宿泊してください」とチラシを配るかのように・・・




フェイスブックページを作ったけど、インターネット検索にHITしないと悩む方がいます


自社の社名で検索をしていませんよね?
自社名で検索に出てこないのは問題ですが、そもそも、あなたのお店・会社の名前を誰が直接社名や商品名で探すでしょうか?
それらが知られていないからPRするのにおかしい話なんです。


自分の仕事の関係者なら探すかもしれません。しかし、そこにPRをしてもお客さんへのPRにはなりません。
なぜならその人たちはすでにあなたのお店・会社を知ってる、利用している人たちだからです。
インターネットでPRしたいと考えたということは、幅広い層の人にあなたのお店・会社を知ってもらってお客さんになって欲しいと思ったからでしょう。
だからインターネットでは、自分のお店や会社について知られていない人(見込み客)を相手に情報発信していく必要があるんです。


単純に情報発信するのではなく、その情報をしっかり受け取る相手を見定めていくことなんです。
そして、目的の人に対してPRすると同時に潜在的な見込み客の掘り起こしも必要不可欠です。


フェイスブックページはいい媒体だと思います。
しっかり運用できる、または集客できるアドバイザーがいるのなら話は別です。
しかし、「フェイスブックページを作ります。」と営業をかけ作るのは技術屋さんです。
技術屋さんはキレイなページを作ることができます。
しかし、あなたにとってのお客さんがどこにいて、どうのようなアプローチをインターネットからしていくかは、彼ら技術屋さんにはわかりません。




キレイなページはとても魅力的ですが、誰がそのページを見るのでしょうか?


フェイスブックページに限らずホームページもブログも見せるための道筋をしっかり作りこんでこそ、そこではじめて探されて見られるんです。
場合によってはそのホームページすら宣伝をして見られるようにしないとならない事もあります。


消費者から見て、実はどこも同じようなモノを売って、同じようなサービスを提供しているようにしか見えていません。
だからたくさんある同業社の中から選ばれることも少なく、値段を下げればお客さんが来ると勘違いをして醜い価格競争に巻き込まれるんです。
もし、そいういった価値をあなたがお持ちならば、その良さの違いをしっかり伝えましょう。
商品、サービスの差別化も大切ですが、宣伝広告の差別化も重要です。


今までのやり方が通用しなくなった状況で、これからは新しいやり方を考えていく必要があります。
お気軽にご相談ください^^




【お問い合わせ】
平島賢一
〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町308
TEL:09045442578 
MAIL:casypro@gmail.com
HP:http://casypro.info/
フェイスブック:https://www.facebook.com/kenichi.hirashima





コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kenaznable.blog92.fc2.com/tb.php/357-b1241260

FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。