公式twitterで短縮URLを使い、RT(リツイート)してもらいやすくする方法 - 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » スポンサー広告 » twitter » 公式twitterで短縮URLを使い、RT(リツイート)してもらいやすくする方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式twitterで短縮URLを使い、RT(リツイート)してもらいやすくする方法

公式twitter短縮URLを使い、RT(リツイート)してもらいやすくする方法


twitterで短縮URLというのを見かけませんか?
例えばこれです。
http://kenaznable.blog92.fc2.com/
このブログのURLなのですが、通常ならこのまま表示されます。


しかし、短縮URLを使うと・・・
http://p.tl/Y8yI


ここまで短くなるのです。
140文字と限られたtwitterでのつぶやきには、自分の言いたいこと、添付したものなど文字数に気を配ってしまいます。
スマートフォンからなど、アプリをインストールしていればボタン一つで簡単にできてしまうのですが、公式twitterを使っているとそんな機能はありません。
また、コメント付きRTをするとなると、元のURLの長さでコメントすらつけられなくなってしまいますよね?



URLを簡単に短縮してくれるサイト
「URL短縮サービス pixiv URL SHOTENER」

コメント
非公開コメント

『脱サラプロブロガー』小澤竜太さんへ

コメントありがとうございます。
twitterにおいて、文字数制限がある以上いかに言いたいことをまとめてつぶやくか、そして添付するURLを短縮するかで1ツイートの情報量が違ってきますからね。

2011-03-28 17:32 │ from キャス(平島賢一)URL

No title

『脱サラプロブロガー』小澤竜太と申します。
短縮URLはやはり有効ですよね。

ブログでも結構有効ですよね。

応援してきます~ポチっと!

2011-03-27 01:56 │ from 『脱サラプロブロガー』小澤竜太URL

トラックバック

http://kenaznable.blog92.fc2.com/tb.php/324-34f940c0

FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。