強調タグの使い方。strongタグの使いどころ間違っていませんか? - 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » スポンサー広告 » Yahoo・GoogleなどSEO対策 » 強調タグの使い方。strongタグの使いどころ間違っていませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強調タグの使い方。strongタグの使いどころ間違っていませんか?

強調タグの使い方。strongタグの使いどころ間違っていませんか?


強調タグってご存知ですか?
結構知られていないというか、使い方を間違えているブロガーさんが多いんです。


強調タグに代表されるのが、文字を太字にする「B」。
strongタグ
視覚的に文字を太くしようと乱用したり、記事全体にこのタグを使い太字にしたりしていませをか?






強調タグ、strong タグとは?


これは視覚的に太字にするためだけに存在するものではありません。
検索エンジンに対してココは重要ですよと見せる大事なところです。
なので、あなたのブログ、記事でどうでもいい箇所に使うのは非常にもったいないんです。
伝えたい、検索エンジンに評価してもらいたい単語に使用するべきなのです。



単純に文字だけを太字にするのであれば<b>~</b>を使ってみるといいでしょう。
【例えば】
<b>山梨県甲府市発祥のB級グルメ「甲府とりもつ煮」は産まれる前の鳥の卵を使った珍しい食べ物で、ビールに相性ピッタリ!</b>
↓このように文字を打つと・・・
山梨県甲府市発祥のB級グルメ「甲府とりもつ煮」は産まれる前の鳥の卵を使った珍しい食べ物で、ビールに相性ピッタリ!
というように、これは視覚的に太字になります。




強調タグ、strong タグの基本的な使い方
一般的に1単語に使うといいと言われます。
もちろん多様しても問題はありませんが、あなたの検索エンジンに伝えようとする強調部分の効果が弱くなる可能性があります。また、長くても文章30文字以内に適用することが望ましいようです。




アクセスアップのノウハウ系のブログにはあちこちで書いてありますが、まだまだ強調タグが知られていないようなので記事にしました。




必ずしも強調タグを使って、狙ったキーワードに設定しても検索結果上位に反映されるとは限りません。
記事の文章構成や関連するキーワードのちりばめ方なども関わってきます。
少なくともあなたの伝えたい、検索結果に反映させたい箇所に重点を置いて強調タグstrong タグを付けてください。


コメント
非公開コメント

詠子さんへ

訪問、コメントありがとうございます。
文章単位でも悪くはないかと思います。
しかし、その文章の「長さ」にもよって効果は変わってくるでしょう。
変化する検索エンジンのパターンに対して色々試してみるのも楽しいものです^^

2010-10-06 13:36 │ from キャス(平島賢一)URL

はじめまして

キャスさん、はじめまして。
ランキングから来ました詠子と申します。

タグは単語に、ってとても勉強になりました。
今まで文章単位で使っていたので^^;

参考記事ありがとうございました。

応援です☆また来ますね^^

2010-10-06 10:32 │ from 詠子@アフィリで自由人URL

keiさんへ

おひさしぶりです。
そうなんです。強調タグって結構テキトウに使われているのを知って記事にしたんです。
他にもユーザータグっていうのもありますので、おいおい記事にしたいと思っています。

2010-09-15 20:45 │ from キャスURL

No title

強調タグっていうんですね。
私は、まさに、ただ視覚的に太文字にしておりました。。

これからはもう少しよく考えて使って生きたいと思います。
毎度、ありがとうございます。Kei

2010-09-15 11:14 │ from KeiURL

No title

SEO勉強になります。またきます。ぽち

2010-09-12 12:59 │ from 高田 賢URL

No title

ランキングからきました。SEOについて勉強になります。
応援ポチ

2010-09-12 12:55 │ from 高田 賢URL

トラックバック

http://kenaznable.blog92.fc2.com/tb.php/297-ec81aeb5

FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。