アンカーテキストとは?伝わる記事を書くには・・・ - 劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる!

劇的!ブログアクセスアップ術!書き方でブログは生まれ変わる! ホーム » スポンサー広告 » 読まれるブログの書き方 » アンカーテキストとは?伝わる記事を書くには・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカーテキストとは?伝わる記事を書くには・・・

アンカーテキストとは?伝わる記事を書くには・・・
前回の記事を覚えていらっしゃるでしょうか?


私は、あえてブログの専門用語を使わずに誰でもわかるように記事にしました。
前回のアンカーテキストという用語を使わないで説明した記事はコチラから。




アンカーテキストとは
<a href="...">と</a>で囲まれた部分をアンカーテキストあるいはリンクテキストといいます。
実際に文章にリンクを貼る時や、画像にURLを貼る際に<a href="...">と</a>がご確認いただけます。



あえてこの言葉を使わずにいたのは、アンカーテキストといっても通じないからです。
私は専門知識のある人向けに記事は書いていません。
なので読者にあった書き方を心がけています。






なぜ 前回で一緒に説明しなかったのか?


1記事1タイトルの法則を覚えていらっしゃいますか?
前回は、「画像に名前(タイトル)をつけて検索にかかりやすくしましょう」という内容でした。
一気に2つのテーマを提供してもなかなか理解するのも大変です。
少なくとも私には(汗




さらに、画像の名前(タイトル)の変更を実践していただければ、今回のアンカーテキストの内容もよりわかりやすくなるということもあります。
一度自分でやってみると「そういうことだったのか」とうなずく事もありますよね?
まさにそれです。






いかにして読者に伝えるか


あなた自身が理解していても、読者にはわからないことだらけなんです。
検索エンジンからの訪問の場合、わからないことがあるから検索してあなたのブログに訪問してきているんですから。
そこにわからない専門用語で書かれた記事があったら・・・・
もっとわかりません(笑




説明なり補足を入れたり、説明する記事を用意しておくことも重要なことです。
読者にやさしいブログ作りを心がけてください。
書き手が書きたいことを書いているだけでは、読み手には伝わらない、伝わりにくいということです。
こうしたアンカーテキストも検索エンジンには評価さるといいます。
リンクした文章とリンク先が同一ものだと検索エンジンは判断してくるということです。





<関連記事>
内部リンクの貼り方間違っていませんか?正しいリンクの貼り方とは






この記事をTwitter「つぶやく」ボタン


コメント
非公開コメント

早野 隼翔さんへ

コメントありがとうございます。
リンクの貼りすぎも、読者に迷いを与えるだけなので、適度なリンクが望ましいかと思います。
読者視点にたって書くことは、忘れてはいけないですね^^

2010-07-08 09:30 │ from キャスURL

アンカーテキスト

初めまして、こんはんは。

早野 隼翔と申します。

ランキングより寄らせていただきました。

記事を書くことは多いけど、そう言えばリンクを使って

より分かりやすくということを心がけていませんでした。

どうしても書き手が書きやすいことを書くと、

読み手には「?」だったりすることも多いですよね。

改めて気付かせていただきました。

本当にありがとうございます。

ぜひ、また寄らせていただきたいと思います♪

では、応援して帰りますね☆

応援ポチっと♪


早野 隼翔

2010-07-06 02:08 │ from 「起業の教科書」 早野 隼翔URL

トラックバック

http://kenaznable.blog92.fc2.com/tb.php/287-05242598

FX
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。